介護職が転職にお勧めの理由とは?!介護職に転職する魅力!!

超高齢社会を迎えている日本では、介護職のニーズはとても高くなっており、未経験者募集も積極的に行われています。また、介護職から介護職への転職もできる介護業界は、お得な魅力が沢山あります。ここでは、そんな現在大きく注目が集まる介護職の転職の良さについてお届けします。

介護職に転職する良さ

介護 求人 栃木

介護職の資格の有無について

介護職で働く場合、介護福祉士管理下で勤務する場合には、介護スタッフは無資格であっても就業する事が可能となっています。しかし、介護の訪問系サービスで働く場合には、介護職員初任者研修以上の資格保持が必要となります。介護職員が取得できる資格には、介護業務未経験でも取得可能な「介護職員初任者研修」「実務者研修」、三年以上の実務経験を経た者、実務者研修修了者が取得可能な「介護福祉士」があります。
介護業務未経験者の場合、まず初めに介護の基礎習得ができる介護職員初任者研修を修了し、その後に実務者研修や介護福祉士へとキャリアのステップアップが可能です。介護施設や事業所の中には、資格取得を推奨している所もあり、資格取得費用の補助を受ける事ができる就業先も少なくありません。またこの業界では、介護職員として働きながら資格取得を目指す人も多いので、一緒に働く仲間と一緒にキャリアアップを目指す事が可能です。

自分の生活スタイルに合わせる事ができる

介護職への転職では、自分の生活スタイルに合わせられる点が働く際の魅力の一つです。例えば、特別養護老人ホームで日勤・夜勤で働いていた場合、子育ての為に日勤のみに変更したいと思った際に、日勤のみの勤務であるデイサービスに転職する事もできます。他にも、結婚してフルタイム勤務をパートタイムに変更したいと思った際にも、デイサービスから訪問介護への転職も可能です。

仕事のスキルアップに繋がる

介護職の転職では、介護サービスの異なる様々なサービスを経験する事で、多様なスキルを習得する事ができるので、介護職員として仕事のスキルアップに繋げる事ができます。例えば、特別養護老人ホームでは、一人一人の利用者に合わせた介助が求められます。また、デイサービスでは、介護度が比較的軽い利用者が多いので、レクリエーション技術やコミュニケーション技術等が求められます。他にも、訪問介護では、利用者の生活ニーズを充足させる事が必要になります。このように、介護職では様々な介護観や介護職技術を得る事ができるので、キャリアを目指して将来ケアマネージャーになる為に役立てたり、事業所開設の為に活かしたり、色々なメリットに繋がります。

他職種への転職が可能

介護職場には、介護職、生活相談員、ケアマネージャー、看護師、機能訓練士、事務員、運転手等、様々な職種の職員が存在して成り立っています。介護職では、この職種間で他職種への転職が可能な職業です。実際に介護業界で働いてみて、「自分はこっちの職種の方が向いている」「将来的にはこの職種に就きたい」等、一般介護職を行いながら色々と自分の職業について見据えている人も少なくありません。自分にとって良い選択できるのも介護職における魅力となっています。

介護職で行う仕事内容

介護 求人 栃木

身体介護

身体介護では、利用者の身体に触れて生活に関わるサポートを行います。利用者の身体状態によって、一人一人の利用者介助内容は異なります。利用者の身体状態のペースに合わせて、介護職員は適切にサポートしていきます。また、一人で通院したり外出したりする事が困難な利用者には付き添う場合もあります。他にも、薬の服薬管理等も行います。

生活援助

主に、利用者の生活援助は訪問介護サービスで行われ、利用者居室で一般的な家事援助を行われ、利用者の希望によって適切な介護を行っていきます。利用者の代わりに日用品の買い物を行う場合もあります。
このように、介護職で行われる身体介護や生活援助と言うのは、利用者一人一人に合わせた介護サービスを提供する仕事です。利用者本人の価値観を職員は尊重しながら、意欲的に自立した生活を送っていけるようにサポートしていきます。他にも、介護職員は利用者の送迎、施設の清掃、利用者の情報記録、事務作業等も仕事の一環として担当しています。

介護職のキャリアプラン

介護 求人 栃木

最初勤務3年間で実務経験を積む

介護職に就いた最初の3年間は、スキルと知識を磨く時期です。介護職の介護職員初任者研修を取得する為には、決められたカリキュラムを修了する事が必要です。取得費用には約4万円~10万円程度かかりますが、企業や法人の中には費用を負担してくれる所もあります。また、喀痰吸引研修を受講する事で、医療行為である痰吸引もできるようになります。

4年目以降は介護職のキャリアを形にしていく

実務経験を3年以上経て実務者研修を修了した後には、介護資格として唯一の国家資格である介護福祉士の受験資格を得る事ができ、年に一回試験が一月に行われます。介護福祉士資格取得後の働き方には4つの働き方があります。

介護職員として仕事スキルを磨く

介護職員として仕事のスキルを磨く事ができます。第一線で活躍する介護職員としてスキルを上げたい場合であれば、特別養護老人ホームをはじめ、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、看護師、医師が常駐する介護老人保健施設に勤めて知識や技術を習得していく事ができます。自分の働き方次第で、色々なジャンルの介護現場に関わって、仕事に関するスキルを磨く事が可能です。

訪問介護にシフトチェンジする

介護福祉士になった場合、訪問介護職に仕事をシフトチェンジする事もできます。在宅介護の分野に興味・関心があったり、自分の両親介護に備えたり等の理由で、初任者研修取得後に、訪問介護職を目指す事もできます。

ケアマネージャー・生活相談員を目指す

ケアマネージャーや相談員を目指す事も、介護福祉士資格を取得する事で可能になります。介護職員として、50代、60代になった際に第一線で活躍し続けるのは大変になってきます。そんな将来を見越して、知的労働の多いケアマネージャーや生活相談員へシフトチェンジして働く事ができます。

組織の幹部や管理職を目指す

介護福祉士になって、最終的に組織の幹部や管理職を目指す事もできます。施設運営をしっかり行っていくにあたって、組織の幹部や管理職は施設運営の維持には大切な仕事になります。介護福祉士資格取得後、施設や企業内で行われる管理職候補の募集に応募し、社内選考を受けて就任する流れが一般的となっています。

介護職はこんな人にもお勧め

介護 求人 栃木

長く働きたい人

介護職と言うのは、働けば働く程仕事に関するキャリアを積んでいく事ができます。なので、一つの仕事で長く継続的に働きたい人、キャリアを積んでいきたい人には最適な業種となっています。

短時間勤務を希望する人

介護職では、夜勤勤務だけと言うような働き方も可能です。なので、ダブルワークをしたいと思っている人にとってもお勧めの業種です。限られた時間の中で特定の業務のみを担当する事になるので、例えば、半日型デイサービス等では、午前や午後に限定した勤務選択で働く事も可能です。また、介護職員として正社員やパートとして数年勤務した後、正社員やフルタイムパート等、自分の生活スタイルに合わせてシフトチェンジする事もできます。他にも、実務者研修や介護福祉士等の資格取得後、実務経験を積んでいく事で、サービス提供責任者や生活相談員等、ステップアップした仕事に就くと言う選択肢も開けます。